パストラル ケア

パストラル ケア

心のケアに携わります

パストラルケアとは、精神的苦痛や動揺を味わっておられる人たち、または、その可能性がある人たちの支えとなるべく、心を一つにし、共に居て、心のケアに携わることです。

患者さんやご家族の心のケアを専門にすることを臨床パストラル ケア(Clinical Pastoral Care)といい、欧米では、そのような専門職者がたいていの病院にいます。

パストラル ケアとは、もともとパスター(pastor=羊飼い)が羊の世話をするように、人々をケアするところから来た言葉です。そして、現在欧米で行われている「病院でのパストラル ケア」というのは、患者さんやそのご家族の「心」を専門的にケアすることです。具体的には、霊的ケア(スピリチュアルケア)および宗教的ケアが中心となり ますが、精神的、心理的、社会的な側面にも注意を向けます。こうした仕事をチームケアの一員の専門職として携わる人々を英語では通常「チャプレン」と呼びます。

チャプレン:田中 百合子

チャプレン:田中 百合子

チャプレンとは

チャプレンは、患者やその家族を訪問し、じっくり話しを聞きながら心のケアをしていき ます。たとえば、患者が癌であると知らされてショックを受けている時、あるいはその可能性がある時には、いわゆる「告知」や治療方針の説明の段階から、医師や看護師と同席し、その時点から引き続き必要に応じて、心のケアをしていくのです。時には救急患者の対応にも、同様に医師や看護師と共に行動し、チャプ レンはケアを要する家族を見極めて傍に行き、タイミングを見計らって別室に案内し、ゆっくりと家族の思いに耳を傾けます。万が一、患者が危篤になったり、亡くなったりした時には、患者の家族や親しい人たちの心の支えとなれるようにと、共に居るように努めます。以上の例からもおわかりのように、患者やその家族の立場からは、心のケアに携わる専門職者が病院に居てくれることを望む声はかなりあると思われます。人間は肉体的な存在だけではなく、精神的、社会的、霊的な存在でもあるので、病院においても、患者や家族の心のケアをする専門職者が必要とされるのです。

 

パストラルケアの基本

パストラルケアは、

(1) 共に居て、心の思いに耳を傾け

(2) 気持ちのレベルで共に歩み

(3) 霊的ケア(スピリチュアルケア)、並びに宗教的ケアを提供する

というのが三本柱です。

パストラル ケアは、心のケアをする者と、患者やその家族が「気持ちの」のレベルで融和し、心の深いところで通じ合ってこそ、はじめて可能になります。また、患者は不安、恐れ、疎外感をかんじやすくなるのは当然のこと。特に不治の病であることを知らされたり、死が近づいて来たりしたときの患者さんの為に出来ることの一つが、その人にために祈ること、また望まれれば、「共に祈る」ことなのです。したがって、心のケアに携わる者は常に自分の心を見つめ、平常心を保てるようにと、祈る心を要します。

 

チャプレン:略歴

氏名 田中 百合子
専門分野 パストラル・カウンセラー
資格等 chaplain advanced
トップヘ