療養入院

療養入院

自立した生活を送れるよう支援することが目的です

療養病棟に入院される患者様は、長期の入院生活となる方が多数を占めており、発熱などの症状が落ち着いてから実施するリハビリテーションが主体の治療となっています。

治療を円滑に進めていくためには、スタッフの連携が必要となり、チーム医療を行っています。患者様の感染対策を始め、栄養に係わるNST、高齢の方に多くみられる嚥下問題に対応する嚥下チーム、褥瘡対策を行う褥瘡委員会など、スタッフがそれぞれ専門性を生かして、患者様が入院から退院後の生活に、スムーズに移行していただけるように、カンファレンスで情報を共有して、一貫した必要なケアを個々の患者様に提供できるよう、心掛けています。

担当医:浜田 和子

担当医:浜田 和子

患者様、ご家族の方との出会いを大切に

DSCN2647 

担当:市川看護師長

2階病棟は療養病床32床と地域包括ケア病床13床がある計45床の病棟です。

 療養病床では長期の入院治療を必要とされる患者様が多く、病状の変化に注意し、安全で安楽に療養できる環境の提供に努めています。必要な治療・リハビリテーションについて患者様、ご家族と相談して、多職種で連携し、支援しています。

 地域包括ケア病床では、回復期の患者様へリハビリテーションの提供や在宅療養環境の確認と必要となるサービス等について専門スタッフとともに検討し、ご自宅で安心して生活できるよう支援していきます。

「慈しみの心と笑顔で心温まる看護を提供します」を理念に、患者様、ご家族に寄り添ったケアの提供を心がけています。

概要

治療やリハビリテーションを必要とする患者様を早期の退院を目指せる用、支援・ケアをさせて頂いております。

 

取り組みについて

NST(栄養サポートチーム)

低栄養状態の患者さんに対して適切な栄養管理を行い、栄養状態の改善を図るために取り組んでいます。

 

担当医:略歴

氏名 浜田 和子
出身大学 愛媛大学医学部
専門分野 内科、麻酔科
加入学会 日本麻酔学会会員
トップヘ