療養入院

療養入院

自立した生活を送れるよう支援することが目的です

療養病棟に入院される患者様は、長期の入院生活となる方が多数を占めており、発熱などの症状が落ち着いてから実施するリハビリテーションが主体の治療となっています。

治療を円滑に進めていくためには、スタッフの連携が必要となり、チーム医療を行っています。患者様の感染対策を始め、栄養に係わるNST、高齢の方に多くみられる嚥下問題に対応する嚥下チーム、褥瘡対策を行う褥瘡委員会など、スタッフがそれぞれ専門性を生かして、患者様が入院から退院後の生活に、スムーズに移行していただけるように、カンファレンスで情報を共有して、一貫した必要なケアを個々の患者様に提供できるよう、心掛けています。

担当医:浜田 和子

担当医:浜田 和子

患者様だけでなく、ご家族様にも目を向けたケアを笑顔でご対応します

担当:渡瀬看護師長

担当:渡瀬看護師長

長期にわたり治療やリハビリテーションを必要とする患者様を、患者様ご本人、ご家族様と共に治療方針を考え、各専門スタッフと連携して支援しています。

早期の退院を目指せるようにリハビリテーション部の療法士と連携し、患者様に応じた看護計画を立案しケアをさせていただいています。

患者様、ご家族様の次の療養生活場所もじっくりとお話しさせていただき、ご自宅や施設への退院が決定したらカンファレンスを開催し、患者様、ご家族様が安心して次の療養場所で生活ができるように支援させていただいています。

日々のケアの中で、患者様だけでなく、ご家族様にも目を向けたケアをスタッフ一同心がけ、こまめな声掛けと笑顔で対応しています。

概要

治療やリハビリテーションを必要とする患者様を早期の退院を目指せる用、支援・ケアをさせて頂いております。

 

取り組みについて

NST(栄養サポートチーム)

低栄養状態の患者さんに対して適切な栄養管理を行い、栄養状態の改善を図るために取り組んでいます。

 

担当医:略歴

氏名 浜田 和子
出身大学 愛媛大学医学部
専門分野 内科、麻酔科
加入学会 日本麻酔学会会員
トップヘ