緩和ケア外来・ホスピス

緩和ケア外来・ホスピス

病気自体を治すことが難しくなった患者様とご家族様のためのケアの場です

緩和ケア外来では、主に悪性腫瘍を患っていて、自宅療養をされている方の身体的な苦痛症状(疼痛、嘔気・嘔吐、食欲不振、便秘、倦怠感、呼吸困難、 不眠など)、不安などの精神的な苦痛症状を和らげる治療やケアを看護師、チャプレン(チャプレンについては、パストラルケアを参照)など多職種で協力しながら行っていきます。

また、今後の治療をどうするのか、療養場所をどうするのかといったことについて患者さん、家族、医療者を交えて話し合っていく(ACP:アドバンス・ケア・プランニング)場ともなっています。

担当医:前原 弘江

担当医:前原 弘江

精神的苦痛を和らげる心のケアを心がけています

担当:塩飽看護師長

担当:塩飽看護師長

私たちは、がん患者様の痛み、食欲不振、体のだるさなど様々な身体的苦痛を和らげ、また気がかりや不安、不眠などの精神的苦痛を和らげる心のケアを、各専門スタッフと共にチームで支援しています。

私たちは、患者様とご家族様の貴重な時間を共に過ごさせていただいている重みを自覚し、一人ひとりの方に関わらせていただいています。

患者様とご家族様がその方らしく過ごせるよう、一人ひとりの患者様の意思を大切にして、時には寄り添い、時にはともに悩み、少しでも希望を支えるお手伝いができるよう、温かい雰囲気で、こまめな声かけときめ細やかなケアを心がけています。

また、在宅緩和ケアにも積極的に取り組んでおり、在宅診療医師をはじめとする在宅ケアスタッフと連携し、緩和ケア認定看護師が訪問看護師に同行するなど切れ目のないケアを提供して住みなれた環境での療養をお手伝いしています。

 

緩和ケア病棟とは

  • がんなどの病気そのものを治すことが難しくなった患者様とそのご家族様のためのケアの場です。
  • 痛みをはじめとする体、心の苦しみを出来る限り和らげることを目的とします。不快な症状に対して積極的に緩和するような治療を行い、効果の期待できない治療、処置、検査は行いません。
  • 何よりも患者様の生命・生活の質を大切にして、患者様の望む日々を送ることが出来るように支援します。 

 

緩和ケア病棟 “ハートベル ホスピス”

平成24年7月1日より14床のホスピス・緩和ケア病棟を運営することになりました。緩和ケア病棟の名前は職員の中から応募により“ハートベル ホスピス”と決めました。

 病院本棟

 屋上庭園

 

 病室

 

 

パストラル ケアの精神

患者様やその家族の精神的ケアや心理的ケアを行います。

→パストラル ケアについてはこちら

 

緩和ケア病棟の理念

慈しみの心で一人ひとりの想いを大切にし、あなたらしさを支えます。

 

緩和ケア病棟の基本方針

一、緩和ケアを必要とする人の、残された日々をできるだけ意義ある人生にするために、
  患者様本人の希望に沿って、持てる技術と知識のすべてを尽くします。

一、緩和ケアを必要とする人の、疼痛などの不快な症状を全人的にとらえ、
  その不快な症状を取り除くために、あらゆる職種のチームとボランティアで協力してケアを提供します。

一、愛する人を失う家族の悲しみより生じる、さまざまな心身の変化を理解し、
  関わりの始めから死別の後まで家族を支援します。

 

ご家族の皆様へ

当院では、週に2日、傾聴ボランティアスタッフが皆さんの病室を訪問し、皆さんの話し相手となります。状態により、散歩の付き添いも可能ですので、ご相談ください。

 

受付時間

【診療受付時間】 午前8:30 ~ 午後 12:30 午後 2:30 ~ 午後  5:30

 ※木・土曜午後・日曜・祝日は休診です。

 
午前 前原 弘江      前原 弘江 前原 弘江      前原 弘江
(隔週)
   
   
午後     休診   休診
     

  ※特定活動法人 日本ホスピス緩和ケア協会から「緩和ケア病棟における質向上の取り組み関する認証」で総合評価Aを頂きました。

設備紹介

 特別室

<特別室>

 特別室

<個室>

 スピリチュアルルーム

<スピリチュアルルーム>

 和室

<家族室 和室>

 

担当医:略歴

氏名 前原 弘江
出身大学 高知医科大学
(現 高知大学) 
専門分野 放射線科
一般内科
緩和ケア内科 
資格等  放射線画像診断専門医 
検診マンモグラフィ読影認定医
加入学会 日本乳癌学会 
日本乳腺甲状腺超音波会議
日本医学放射線学会 
日本緩和医療学会
トップヘ